FXで借金をしたのにロスカットされた時の対処法【苦しみから脱出できる】

FXでロスカット寸前に

『もう追加できる現金がない』
『でも、ここが天井かも』
『借金してナンピンすれば、ポジションが救われる』

と考えて借金した挙げ句、結局救われずロスカットされたら、どうすればいいのでしょうか?

当たり前ですが、ポジションは消滅し、借金だけが残ります。

損切りできず、一方通行なのに天井だと誤判断してしまう事は、誰もが一度はやってしまうミスなので仕方ありません。経験だと思って、乗り越えるしかありません。

問題は、借金が残っている…という点です。借金は毎月、返済という名目で現金を奪っていきますし、おまけに利息がつくので放置していれば、どんどん膨れ上がっていきます。

毎月の返済額が無理のない範囲なら、コツコツ返したりボーナスで一括返済する事で解消できますが、もしキャッシング+クレジットカード入金なんて『死のコンボ』に手を出していたら、もはや返済不可能。家計崩壊です。

月手取り18万なのに、毎月の返済額が9万円だったら? 実家暮らしでもしない限り、返済は無理です。

今回は、そんなFX+借金でどん詰まりになってしまった人のために、効果的な対策を紹介します。




1:最強の解決法は『自己破産』

最初に最も強力な対策を紹介します。それは自己破産をする事です。

自己破産は、現金99万円+家財道具を除いた財産をすべて差し押さえられる代わりに、一度だけ借金がチャラになります。

例え借金が100万円だろうと1000万だろうとチャラです。借金の理由も問われません。

ギャンブルで作った借金だろうと、恋人に貢いだ借金だろうと、マネーロンダリング等の犯罪が絡まない限り、弁護士に頼んで適切な手続きをすれば免責されます。(免責:借金が無効になること)

破産後、ローンが5年間組めなくなる、クレジットカードが5年間作れなくなる等のデメリットはありますが、自己破産は一般の人が想像する以上にデメリットは限定的なので、借金で首が回らなくなったら最初に考えるべきは自己破産なのです。

自己破産のデメリットは下記の記事で分かりやすくまとめています。

・さっさと自己破産した方がいい人の条件まとめ。破産して楽になる人とは?

クレジットカードのキャッシング枠であろうと、銀行カードローンであろうと、リボ払い、追証、闇金に至るまで、すべての借金は自己破産で消滅します。ただし、税金の支払いだけは消滅しないので注意して下さい。

もちろん「借金を踏み倒すのは嫌だ」「破産するなんて怖いから嫌だ」と嫌悪感を覚えるなら、自己破産以外の方法もあります。

しかし、どうしようもなくなった時に、最小のデメリットで借金をゼロにできる最終手段として、選択肢を残しておくことをオススメします。

特に、まだ独身の方で、家も車も持ってない…という方は自己破産が一番楽です。家族持ちになると、マイホームやら自家用車やら、守るべきものが多くなり自己破産を選択出来ないケースが多いですので。

ちなみに大学生でも自己破産は出来ます。学生でFXで人生終わった方は、自己破産でリセットすれば再建できますよ。

ただし、自己破産は1度やったら7年間はできないので注意して下さい。

・2回目の自己破産は7年経過していれば可能です【免責の条件あり】

2:次点は任意整理・個人再生

「自己破産はしたくない。でも、今の利息じゃ返しきれない」
「家や車を差し押さえられたくない。でも、今の利息じゃ…(略)」

という方は、任意整理か個人再生を利用して、利息をストップ&借金元本の削減をしましょう。

この2つは自己破産と違って借金ゼロにはなりません。そのかわり、利息がかからなくなったり、借金元本が減るので毎月の返済額がグッと低くなります。

また自己破産と違って差し押さえを避ける事ができるので、守りたい資産がある場合はこちらを選びましょう。

・債務整理の流れを分かりやすく解説【最初に読もう】

3:副業や風俗で働いて返済する

上記のような法的な債務整理を行わず、働いて返したい…という場合は、労働時間を増やして返済するしかありません。

休日に短期バイトを入れたり、自宅でライターやアンケートなどの在宅ワークを副業として行い、収入を増やしましょう。しかし、それだと月1万円、副収入が得られる程度なので、返済が追いつかない可能性もあります。

その場合は、風俗で働くというのも1つの手です。風俗は高収入ですし、短期で一気に稼いでやめることが出来るので、借金返済には最も効率的な手法です。

男性の場合は風俗=ホモビデオなので、ちょっとキツイですね。ですので男性は比較的、高時給な夜勤バイトをおすすめします。夜勤もキツイですが、時給が25%アップするため効率的に稼げますよ。

こういったキツイ労働が嫌なら、腹をくくって自己破産をした方が良いです。身の丈以上の借金をして勝負を仕掛けて負けたのですから、代償は支払わなければいけません。

その点、自己破産は法律が定めた唯一の救いの糸です。キツイ労働と自己破産、どちらを選ぶかしっかり考えましょう。考えることを放棄してしまうと、借金はどんどん膨れ上がっていきます。余力があるうちに、問題の根本を叩いてしまいましょう。

4:さらに借金をしてFXで勝負する

もう1つの戦い方としては、さらに借金を重ねてFXでハイレバ勝負を仕掛け、借金分まで稼ぐという手もあります。

キャッシング不可になっても、クレジットカードのショッピング枠も現金化してしまえば金が入ります。例えばDiorやルイヴィトンのバッグをクレカで購入し、速攻で質屋に転売すれば現金が作れます。

その現金でハイレバレッジをかけ、一気に勝負をしかけ負け分を取り戻すのです。

もちろん、そこで負けてしまえば、さらなる借金と共に終了します。しかし、自己破産でどうせ借金をチャラにできるなら、限界まで借入をして勝負をする…というのも一つの考え方です。

国内FX業者ですとレバレッジは25倍までしか掛けられませんが、海外FX口座なら888倍まで掛けられます。レバレッジ100倍で勝負すれば1円(1%)動いただけでも100倍の100%、つまり元金が2倍になるので、短期トレードで一気に金を稼げますよ。

まとめ:FXで借金をしても救済処置はある

FXはトレードのやり方によって背負うべきリスクが大きく変動するギャンブルです。

借金をしてポジションを守っても、それが報われるとは限りません。FXにおいて「ナンピンはご法度」と言われているのは、ナンピンすることで永遠に損切りが出来なくなり、最後は借金をしてポジションを救う所までいってしまうからです。

作ってしまった借金はもうどうしようもないので、自己破産や債務整理、もしくは高時給のバイトで早めに対処しましょう。