債務整理の流れを分かりやすく解説【最初に読もう】

債務整理は、債務状況によって手法や流れが大きく変わります。

弁護士に依頼する前に、一通りの手順を知っておきたいと思う人も多いでしょう。しかし、債務整理は専門的な用語も多く理解するのは大変です。

そこで今回は、誰でも分かるよう簡単に『債務整理の流れ・全体図』を解説しました。参考にして下さい。




信頼できる弁護士に相談する

まずは債務整理を代行してくれる弁護士を探し、相談をしましょう。

債務整理は法律を使った専門的な手続きですので、弁護士に依頼するのが一般的です。

はじめに釘を差しておきますが、弁護士を使わず個人でやるのはオススメしません。

というのも、債務整理の手続きは複雑かつ専門知識も必要で、やり方によっては裁判所に何度も書類を提出する必要があるからです。

最も手続きがシンプルな自己破産でも、書類の準備や手続きは非常に大変ですので、弁護士に依頼した方が賢明です。

弁護士の相談料は、通常は30分5000円が相場ですが、債務整理の場合は依頼者の事情を考慮して無料にしている弁護士事務所が多いです。

弁護士は、依頼者の借金状況を把握して受任するか否かを決めます。

ここで注意して欲しいのが、弁護士の中には過払い金がある等『弁護士にとって金儲けがしやすい状況の人』のみ受任する拝金主義の弁護士もいるという事です。

一昔前の過払い金バブルによって、本来は多重債務者の救済である債務整理が弁護士の商売の種になってしまい、依頼者のことを考えない適当な弁護士も増えてしまいました。

そういった弁護士は金にならない案件だと分かった途端に「債務整理は難しい」など、はぐらかして受任を拒否するケースがあります。

そんな信頼できない弁護士には依頼せず、しっかり依頼者である貴方の事を考えてくれる先生に頼みましょう。

弁護士の対応に疑問を持ったら、相談の段階で依頼を棄却し、別の弁護士に相談するのが正解です。

弁護士報酬の取り決め

信頼できる先生が見つかったら、続いて弁護士報酬の取り決めを行います。

債務整理の依頼を行う場合、弁護士に報酬を支払わなければいけません。

ただし、債務整理の場合は手元にお金が無いケースが多いため、ほとんどの弁護士は分割払いによって無理のない返済計画を提案してくれます。

債務整理の弁護士報酬の相場は20万円~40万円で、分割払いによって月1万円支払い×24ヶ月~36ヶ月(2年~3年)にしているケースが多いです。

「弁護士報酬って、そんなに高いのか…」

と不安になるかもしれません。

しかし、債務整理によって借金が大きく減るので、依頼者の負担は想像以上に小さいです。

また、キャッシング業者からの借金と違い弁護士報酬の分割払いには利息がかからないので、安心して長期で返済することが出来ます。

介入通知の送付

弁護士は、債務整理の依頼を受任すると、まず債権者(お金を貸した業者)を依頼者から教えてもらい、それぞれの業者に介入通知を送付します。

介入通知とは

『この方から債務整理の依頼を受任しました。以後は弁護士を通して交渉して下さい』

という知らせで、これを受け取った業者は以後、電話や書類による借金返済の催促を行えなくなります。

銀行系のキャッシング業者はもちろん、クレジットカードや街金・サラ金業者も含め、すべての催促がストップします。闇金やグレーな街金も、弁護士には太刀打ちできませんからストップします。

しつこい催促の電話は、多重債務者が精神的に追い込まれる原因の一つですから、これが止まるのは嬉しいですね。

弁護士は非常に強い力を持っていますので、味方につけた時の安心感は抜群です。

債務情報の確認

続いて、弁護士は業者に対して取引履歴を請求します。

依頼人がどこで、いつ、どのくらい借金をして、利息がどれくらい付いているのか全て把握します。過払い金がある場合は返還請求をします。

借金の全体図が見えたら、最適な債務整理の道を依頼者と相談して見つけます。

債務整理の手段を選ぶ

債務整理には、3つのやり方があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

それぞれの特長とメリット・デメリットを簡単に説明します。

任意整理とは

任意整理は、最もメジャーな債務整理です。

弁護士が各業者と交渉し、利息の停止、および無理のない返済計画を提案して借金がこれ以上増えないよう取り決めを行います。

例えば、現在80万円の借金があり、月8万円を10ヶ月で支払わなければいけない状況になっていると仮定します。

任意整理を行うと「その返済計画は、依頼人には負担が大きすぎる」と弁護士が主張して、月4万円を20ヶ月、あるいは月2万円を40ヶ月で返済するよう変更することが出来ます。

月々の負担が小さくなり、返済期限が伸びて、おまけに利息も今後一切かからない。

これなら、借金が膨らんでしまい困っていた人でも無理なく返済が出来るようになります。

任意整理は弁護士と業者の間で契約が交わされるので、裁判所を通しません。そのため手続きもシンプルで、債務整理にかかる期間も3ヶ月前後と早いです。

業者にとっては不利な条件ですが、彼らが最も恐れるのは自己破産…

つまり貸し倒れですので、それならば利息の停止等の条件を飲んでも、お金を返してもらう事を優先し受け入れる…というのが慣習になっています。

任意整理のメリット:家と自動車を守れる

債務整理は、マイホームや自動車を残すことが出来る点も大きなメリットです。

自己破産をするとマイホームや自動車を取られてしまいますが、任意整理なら住宅と住宅ローンはそのまま手を付けずに置いておく事が可能です。

なぜ任意整理だと、マイホームや自動車を守ることが出来るのか?

それは、任意整理は文字通り『整理する借金を任意で選択できる方法』だからです。

例えば、家と車を手放したくない場合は

「リボ払いの借金は整理して利息を止めてもらう。けど住宅ローンと自動車ローンの借金は整理せず、これまで通り返済する」

という選択をすれば良いだけなのです。この点は、任意整理が最も柔軟に対応できます。

他にも、保証人がついている奨学金なども任意整理の対象から外す人が多いです。

奨学金は親が保証人であるケースが多く、個人再生や自己破産をすると保証人に請求がいってしまい、債務整理がバレてしまって都合が悪い…という事が多いですからね。

任意整理のデメリット

基本的に、任意整理では借金の元本そのものは減らないので注意して下さい。

個人再生・自己破産と違い、任意整理は法的な強制力はありません。

あくまで業者側の

『個人再生や自己破産で借金を減らされる(ウチの利益が減らされる)よりも、交渉に応じて出来るだけお金を回収した方が得だ』

という損得勘定から成り立っています。

なので、よほどの事情がない限り、借金元本の減額に関しては応じないケースが多いです。

あくまで利息の停止+返済期間の延長+月々の返済額を減額…というのが任意整理によって実現出来ることです。

あまりにも収入に対して借金額が大きい、返済計画が立てられない場合は個人再生・自己破産を選びましょう。

また、任意整理は比較的マイルドとはいえ、債務整理に変わりはありません。信頼情報は傷つき、5年ほどローンが組めなくなります。

当然クレジットカードも作れなくなりますので注意して下さい。

クレジットカードの代替品はデビットカードがおすすめです。詳しくはこちら↓

・債務整理してクレカが作れない人はデビットカードがおすすめ!VISAブランドでネットショッピングにも便利です

個人再生とは

個人再生とは、裁判所を通して合法的に借金の元本そのものを減らす債務整理です。

任意整理と自己破産の中間にあたるやり方で、任意整理との大きな違いは『借金の元本が減る』という点です。

また裁判所を通して行うので、法による強制力もあります。

どれくらい借金の元本が減るかは、下記の通り決められています。

  • ~100万:利用不可
  • 100万円~500万円:最低弁済額 100万円
  • 500万円~1,500万円:最低弁済額 借金額の5分の1
  • 1,500万円~3,000万円:最低弁済額 300万円
  • 3,000万円~5,000万円:最低弁済額 借金額の10分の1
  • 5,000万円~:利用不可

例えば、借金が300万円なら、表の2番目に当たるので返すべき借金元本は100万円まで減ります。

借金が1000万なら表の3番目、借金額の5分の1が最低弁済額なので返すべき借金元本は200万円(1000万 ÷ 5 = 200万)

借金が3000万円なら、最低弁済額は10分の1ですので、返すべき借金元本は300万円まで減ります。

ほとんどのケースで『100万円以上、借金を減額できる』という強大な圧縮効果があるので、任意整理よりも減額幅が大きいのがメリットですね。

個人再生のメリット:自己破産より精神的に楽

このように、個人再生は大幅に借金を減らす事ができます。

個人再生と自己破産の違いは、元本を減らすとは言え「借金はキチンと返済する」という点です。

自己破産をしてしまうと、借金がチャラになりますが、その分、罪悪感や世間体は悪いです。

一方で個人再生であれば元本減額したとはいえ、返済はしっかり行いますし、個人再生という言葉もポジティブで依頼人の精神的ダメージも小さくなります。

「俺、自己破産したんだよ」と言うよりも「個人再生の手続きをして、借金を少し減らしたんだ」といった方が気持ちは楽ですよね。

自己破産は今後の精神面(気の持ちよう)にも大きな影響を与えますから、私は安易な自己破産よりも個人再生を勧めています。

また、任意整理と同じく、個人再生でもマイホームは手放さずに済みます。

個人再生には『住宅ローン特別条項』という特約があり、住宅ローンだけは例外として残す事ができます。

自己破産をすると家は手放さざるを得ませんから、自宅を残したい方は個人再生を選択した方が良いでしょう。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットとして『ローンが残っている自動車は引き上げられてしまう』という点があげられます。

というのも、自動車ローンの多くは「ローン完済までは、自動車の所有権は信託会社にある」という『所有権留保の特約』が組み込まれているので、個人再生をすると否応なく担保として自動車を持っていかれます。

任意整理であれば自動車ローンを整理の対象外にする事ができますが、個人再生の場合、例外として対象外にできるのは住宅ローンのみなので、自動車ローンは強制的に精算されてしまいます。

また、個人再生は任意整理に比べて、手続きが煩雑で完了するまでの期間も長い…という点もデメリットになります。

裁判所を通して借金を減額する分、提出する書類も多く、完了するまで平均8ヶ月前後かかります。

自己破産とは

自己破産は、債務整理の最終手段です。自己破産をすると、資産をすべて捨てる代わりに税金を除くすべての借金を帳消しに出来ます。

「資産をすべて捨てる」と言っても、身ぐるみ剥いで丸裸にする訳ではありません。自己破産をしても下記の資産は手元に残すことが出来ます。

  • 現金:99万円まで
  • 家具、家電、日用家財、自動車:評価額20万円まで
  • 保険・預金:各20万円まで
  • 確定拠出年金(iDeCo):全額
  • 破産開始後に取得した財産

任意整理や個人再生と違い、これら以外の資産はすべて処分・精算されます。住宅も差し押さえられますし、評価額20万円以上の自動車も残せません。

そのかわり、借金を全て0にします。金額・条件問わず、税金以外は全てチャラ。

非常にシンプルかつ強力な債務整理であり、同時にネガティブな響きを持つ債務整理の最終手段と言えるでしょう。

自己破産を選択するのは、収入に対して、あまりにも借金の額が多い場合や、リストラや退職によって収入が途絶えてしまった場合。

投資で大失敗して数千万の借金、自宅を売却したが多額の住宅ローンが残った場合…などなど、事情は様々です。

自己破産をした人に共通しているのは、もはや自己破産以外に方法がない…という点です。

私は自己破産を安易に勧めません。

自尊心が傷つけられ、精神的な負担は大きいですし、少額の借金なのに自己破産という楽な道を選んでしまった事で、お金に対するルーズさが治らないなど副作用もあるからです。

しかし、もはや自死するしか道がない…と思いつめるくらいなら、救済措置である自己破産を選択すべきです。

自己破産は、法的に許されたリセットボタンです。メリット・デメリットをしっかり把握した上で選択しましょう。

自己破産にかかる期間は7ヶ月ほどです。

自己破産のメリット:借金が全てチャラになる

自己破産のメリットは唯一無二。借金が全てチャラになる事です。

業者との交渉も必要ありません。裁判所によって自己破産が認められた瞬間、合法的に借金の返済義務は消滅します。

「1から、やり直す」

これが実現出来るのが、自己破産の大きなメリットです。

自己破産のデメリット

自宅を含めた財産が残せない、現金は99万円までしか残せない…といった実利的なデメリットもありますが、最大のデメリットは精神面への影響だと私は考えます。

自己破産をすると、自尊心が大きく損なわれます。本来、返すべき借金を帳消しにするので、罪悪感を覚える事もあるでしょう。

また安易な自己破産は、本人の更生を妨げます。

例えばギャンブル中毒で借金を重ねてしまった人が、任意整理で十分返済できる収入があるのに自己破産を選択することで、またギャンブルでお金を溶かす…といった悪循環にハマる事も少なくありません。

自己破産は便利なリセットボタンではなく、真摯に熟考した上で選択しないと本人のためにもならないので、注意しましょう。

新たな返済計画の決定:返済を開始

債務整理の手続が全て終わったら、新しい返済計画に基づいた返済が始まります。返済計画には弁護士報酬も含まれます。自己破産の場合は、弁護士報酬のみ月々支払う形になります。

返済計画は、今までの『払っても払っても借金が減らない』という蟻地獄ではなく、毎月無理なく返済できる額になり、3年~5年しっかりと遅延することなく支払いをすれば完済できるようになってます。

ですから、債務整理をきっかけに収支のバランスを整え、お金の管理を出来るよう努力しましょう。

お金を貸す側が譲歩してくれたのですから、こちらも礼儀として完済するのが人の道です。

完済することが出来れば、あなたはもう借金に振り回される事はありません。『借金を完済した』という達成感も大きいでしょう。

債務整理は、ただ借金を減らすだけのツールではありません。どん詰まりの借金地獄から、自分の足で立ち直るための羅針盤です。

ぜひ上手に活用して、前向きに生きれるよう整理しましょう。

注意:返済を遅延すると和解無効になる

もし返済を遅延してしまうと、和解無効により一括返済を求められるなど厄介な状況になります。

場合によっては弁護士も解任(依頼拒否)してしまい、自己破産せざるを得ない状況になってしまいます。

ですので、必ず返済計画は守るよう努力して下さい。

「利息がつかないし、ちょっとくらい支払いが遅れてもいいや…」なんて気を緩めたら、また多重債務生活に逆戻りですよ。

どの債務整理が自分にあっているか、弁護士と相談して決めよう

以上が、債務整理の流れになります。

どの債務整理にもメリット・デメリットがあるので、どの手段が最もあなたにとって適切なのか、弁護士とよく相談して決めましょう。

債務整理をするデメリットも合わせてチェックしておくと安心です。

詳細は下記の記事にて↓

・債務整理のデメリットまとめ。ローンが組めない?クレカが作れない?全部教えます