個人再生で車を残す方法と条件。ポイントは自動車ローンの有無

個人再生

『個人再生』やり方と条件まとめにおいて、

『個人再生なら自動車を手放さす事なく、借金を減らせます』

と書きましたが、それを成立するためには、いくつかの条件があります。

ポイントは

・自動車ローンの有無

・マイカーローンを組んだ場所が「銀行・信用金庫」or「ディーラー」どっち?

という2点です。

ローンが無いケース(完済済み or 現金購入)は問題なく自動車を残したまま個人再生ができます。

しかし、自動車ローンを利用しており、まだローンの残債が残っている場合、自動車を取られてしまう可能性があります。

今回は、個人再生で車を残す方法と条件を分かりやすく解説します。

自動車の差し押さえは所有権の有無がカギ

自動車ローンを残したまま個人再生を申し込む場合、車の所有権をあなたが持っているか否かで所有継続 or 差し押さえが決まります。

銀行・信用金庫のマイカーローンであれば、所有権は銀行ではなくあなたにあるので、ローンが残っていても大丈夫です。

問題はディーラーや信販会社の自動車ローン(マイカーローン・オートローン)を利用しているケースです。

これらのマイカーローンは、ローンを提供している企業が車の所有権を担保として押さえているので、個人再生を申し込むと差し押さえられてしまいます。

簡単に言うと

くま
くま

自動車ローンを完済するまでは、この車はあなたの物じゃないよね。

くま
くま

個人再生で借金を減らすなら、この車は借金のカタにもらっていくよ

という話ですね。

車の所有権があなたにあれば問題ないので、例えば自動車ローンを使わず銀行カードローン(キャッシング)を使って現金一括購入している場合も、車は取られません。

もし自動車を維持しつつ個人再生をして借金を減らしたい場合は、まず自動車ローンを完済して、車の所有権を確保してから手続きをしましょう。

キャッシング枠がまだあれば、カードローンでキャッシングをして、そのお金で自動車ローンを完済してから個人再生して借金を減らす…という手順を踏んだ方が良いでしょう。

自動車ローンが残ってるけど車を残したい場合

自動車ローンが残ってるけど、車を差し押さえられたくない!でも、個人再生をしたい…

という場合、方法は3つあります。

1:ローン契約の名義変更をする

一番簡単なのは、自動車ローンの名義変更をして自動車ローンの契約者を変える方法です。

例えば親や妻(夫)、兄弟などに一時的に名義を変えてもらって、その人を介してローンを返済するように迂回させれば、自動車の差し押さえを防ぐ事が出来ます。

身内ではなく知人でも可能ですが、ローン契約者の変更はトラブルになりやすい事案なので、出来るだけ身内で済ませてしまうのが一番です。

名義変更をしてから個人再生をすれば、差し押さえを回避できます。

2:共益債権として主張する

自動車を通勤や仕事で使う場合、共益債権を主張することで自動車ローンと自動車をそのまま残す事が出来ます。

共益債権? なにそれ、難しそう…!

という方のために、分かりやすく解説します。

共益債権は借金をしている人(債務者)が、

うちは田舎だから、自動車がないと通勤出来ない! 差し押さえられたら、仕事ができないよ!

といった状況である場合に主張できます。

家が地方で駅から遠い、バスもない、自動車がないと通勤が出来ない…といったケースだったり。

あるいは自営業で花屋をしているけど、車で花を運搬しないと仕事にならないケースですね。

ご覧の通り、こういった状況で自動車を差し押さえられてしまうと、お金を稼ぐのが難しくなってしまいますよね。

お金を返して欲しい債権者からすれば、自動車の差し押さえによって借金返済が滞れば、自分達が損をする結果になってしまいます。

ですから、債権者全体の利益を考えて

くま
くま

自動車ローンは個人再生とは別枠扱いにしよう

という事にできるのです。

これが共益債権(民事再生法119条2号)です。

3:別除権協定を結ぶ

別除権協定(べつじょけん きょうてい)を結ぶ事で、自動車ローンだけを個人再生と別枠にして、差し押さえを回避する方法もあります。

別除権協定とは、自動車ローンの債権者と交渉して

『車の時価評価額を返済するかわりに差し押さえをしない』

という契約をする手法です。

あなたからすれば、自動車を保有しつつ個人再生をして他の借金を減らせます。

債権者からすれば、わざわざ差し押さえをする手間とお金を省けます。

これらは個人再生の再生計画とは別枠扱いになります。

一見すると両者に利がある取引ですが、他の債権者からすると

くま
くま

なんで自動車ローンの会社だけ金を満額返してもらえるんだ!うちにも全額返せよ!

と不公平に見えてしまいます。

そのため、必ず『自動車が生活・仕事に必須であること』を証明して、他の債権者に個人再生そのものを拒否されないよう根回しをしておく必要があります。

また『自動車が生活・仕事に明らかに必須ではない』と債権者や裁判所に見なされたり、ローン会社が別除権協定を拒否した場合は適応されません。

個人再生の原則として、一部の債権者だけに多くの借金を返済することは認められていません。

あくまで『自動車が差し押さえられると、生活や仕事に支障が出るため』という根拠が必要なので、注意して下さい。

専門の弁護士に相談して一番良い方法を教えてもらおう

個人再生をしつつ自動車を残す方法として、1番のローン契約者の名義変更は簡単ですが、

・共益債権の主張

・別除権協定の交渉

上記の2つは、債権者と交渉したり裁判所に申し立てをしなければいけないので、素人には不穴太です。

必ず弁護士に相談の上、交渉を代行してもらいましょう。