バレない不倫のやり方。既婚者が恋愛する時に注意すべき事まとめ

夫あるいは妻との関係が悪い、退屈、不満がある、遊びたい…という時、ついつい不倫をしてしまうのが人間というものです。

不倫は、配偶者にバレるといけないので、リスクがあります。

そのリスクがスリリングで人を興奮させます。恋は障害があるほど燃えるもの。既婚になって退屈さや夫、妻への不満がたまった時に、不倫は最高のスパイスになります。

しかし、不倫はバレてしまうと、修羅場になってしまい、最悪の場合は離婚になります。

そこで今回はバレない不倫のやり方を紹介します。

アフィリエイト

不倫相手との連絡にLINEを使わないこと

不倫がバレる原因の1つは、LINEバレです。

セキュリティ意識が甘い人は、スマホのパスワードを既婚者に知られています。
そのため、LINEを勝手に見られて、不倫がバレる…というケースが最も多いです。

スマホの暗証番号を突破するのは難しくありません。
背後から覗き込んだり、指の動きを見られれば推測は容易です。

不倫を疑われている場合、真っ先にチェックされるのがLINEですから、LINEで不倫相手とやり取りするのはやめましょう。

GmailなどのPCメールはLINEよりバレにくいですが、iPhoneのメールボックスに設定している場合は即バレます。

不倫を疑っている配偶者は、LINEとメールボックス、そしてインターネットの履歴までチェックします。

不倫相手との連絡にはサブのGmailアカウントを共有して下書きで会話しよう

最もバレにくい連絡手段は、Googleアカウントを新規で作り、不倫用のGmailを作っておく事です。

パスワードは不倫相手と共有して、お互いログイン出来るようにしておきます。

そのGmailの下書き機能で会話をしましょう。

これは、アメリカのスパイが使う連絡手段で、最も秘匿性能が高いです。

下書きは編集が出来るので、会話をする度に書き換えれば証拠は残りません。
また受信フォルダをチェックする人は多いですが、下書きフォルダまで見る人は少ないです。

下書きフォルダにダミーを仕込んでおき、一番下の方に入れておけばバレません。

夫(妻)に必要以上に愛想良くしないこと

人は隠し事をしていると、普段以上に隠している相手に愛想よくしてしまうものです。

いつもはデートなんてしないのに、突然、ディナーを提案してきた。
手土産を持って帰ってくるようになった。
いつもありがとう、などお礼を言い始めた。

このように、普段と違って愛想がいい、媚びを売り始めると、配偶者は変化に気付き不倫を疑います。

もちろん、鈍い夫・妻であれば気付きません。機嫌が良くなるだけです。

しかし、鋭い人なら「機嫌が良い=何が良いことがあった」と感づきますし、その他の材料と照らし合わせて原因を探ってきます。

仕事が上手くいっている等の理由があれば、そっちで誤魔化せますが、特に機嫌が良くなる理由が思い当たらない場合は不倫を疑われる可能性があります。

不倫をしているからといって、パートナーに「悪いから」などと思ってはいけません。

不倫を隠すなら、隠し通すのが礼儀です。媚を売ったところで、墓穴を掘るだけです。

罪悪感で苦しいなら不倫はやめたほうがいいです。隠しきれなかった時が、一番相手を傷つけますからね。

不倫相手とは割り切ること。期待をもたせると暴走します

不倫相手と「離婚してあなたと一緒になる」なんて盛り上がっていませんか?

不倫は『お互いに割り切っている関係』と『お互いに未来を約束している関係』があります。

この合意が上手くいっておらず、遊びのはずなのに相手は本気…という事になると、大きなトラブルを招きます。

会社や家に来て暴露されたり、離婚はまだ?と詰め寄られたり…

不倫なれしている人なら、サッとかわす事ができますが、基本的に相手が未来を見ている場合、不倫のリスクは大きくなります。

恋は人を暴走させます。おとなしくて常識的な人でも、いざ「一緒になれない」と感じると何をするか分かりません。

ストーカーになったり、最悪の場合、刺されてしまったり…

不倫をする時は、離婚する気がないなら必ず割り切った関係であることを適度に確認しましょう。

不倫相手を自宅に呼ばないこと

不倫相手を自宅に呼んでしまうのは最悪の一手です。

自宅は配偶者にとって庭のようなもので、少し変化があれば気付きます。

ベッドの匂い、家具のズレ、しみ、汚れ、髪の毛…

鈍い人でも、疑いをもって調べれば証拠に気付きます。

そして自宅に不倫相手を呼ぶという事は、自分の住処を汚されているということ。
バレたときの怒りはハンパではありません。

間違いなく離婚&慰謝料請求をされますし、家は売却されてしまうでしょう。

また、出張中に隠れて…と思っていたら、急遽、忘れ物をして戻ってきてはちあわせ…なんて事もあります。

不倫相手の自宅に呼ぶ・行くという事は、スリリングですが不倫がバレる確率と憎しみを格段にあげてしまうので、やめておきましょう。

ちなみに自動車も同様です。
マイカーで不倫相手とあって、車内でいちゃつけば必ず痕跡が残ります。

最悪の場合、下着を車内に残してしまった…なんて事も実際にあります。

車を使う場合はカーシェアなどを利用しましょう。
基本的に、共同の持ち物は使わないのが一番ですよ。

不倫相手と行ったレストランや旅行先について喋らないこと

不倫相手と行ったレストランの話題を、つい口に出してしまいバレる事は多いです。

例えば、テレビで星野リゾートの特集がやっていて「ここ良かったよなぁ」なんて喋って「行ったことないでしょ?」と返されドキッとする…。

このように、自分は行った事があるけど不倫相手とだった! という「うっかり発言」から不倫を疑われるケースは非常に多いです。

不倫相手と行ったレストラン、旅行先、その他のサービス商品に関する話題は徹底して家庭内では隠しましょう。

不倫が長期化して、気が緩んでいる時に起こりがちです。

子供の目を気にすること

子供には分からないだろう、と思って子供の前で不倫相手と電話したり、メールをするのはご法度です。

子供は親の行動を逐一見ていますし、何でも報告します。

例えば「今日ね、お父さん(お母さん)のスマホいっぱいなってたよ~」なんて留守中の行動を報告されたら、疑いの目が向きますよね。

「そんなに頻繁に誰とメールしてたの?土日で仕事は休みなのに」などなど…。

3歳~5歳くらいの子供ですと、それくらいの報告はガンガンしてしまいます。

不倫を隠すなら、子供にもキッチリ隠しましょう。子供は良く見ていますし、何でも口に出してしまいます。

不倫相手を探すなら匿名性の強い出会い系を使うべし

不倫相手を探す場合は、足のつかない匿名性の出会い系がおすすめです。

スマホ全盛期の今、ネットで不倫相手を探すのが最も手軽かつ、相手を探しやすいです。

出会い系は、メールアドレスとパスワードさえ配偶者にバレなければ見つかりませんし、同じように不倫をしたい人が書き込むので相手を見つけやすいです。

また、男性有料&年齢認証必須なので、本気度の高い人が集まっており、冷やかしに合いにくいです。
(女性は利用料無料です)

おすすめの不倫掲示板は下記で紹介しています。

・不倫募集掲示板の使い方と相性の良い相手を見極めるコツ!プロが教える不倫の心得

会社や習い事など、近いところで不倫相手を作ると途端に足がつきやすくなります。

ネットでの出会いなら、お互いの接点が無いので不倫のバレ確率が非常に低くなります。

一夜限りの遊び目的から、長期的なパートナー募集まで様々なユーザーがいますから、自分にマッチングした相手を探してみましょう。

地域別に掲示板が分かれているので、気が合う人がいれば、すぐ会えます。最寄り駅などで待ち合わせましょう。

まとめ:不倫をするなら常に警戒心を忘れないようにしよう

不倫は、どんなに気をつけていても時々ボロが出てしまうものです。

しかし、警戒を怠らなければ、確信を持たれないようかわす事は出来ます。

不倫バレのほとんどは本人の不注意によるものですから、今回ピックアップしたコツを踏まえて、不倫を隠し通しましょう。

関連:既婚者の男性を好きになった時のアプローチ術。彼を振り向かせる5つの方法

関連:不倫をする既婚男性の本音を聞いてみた。インタビューで見えた男の本性とは?

素敵な男性との出会いを探すなら、勇気を出して自分から飛び込もう!
完全無料のマッチングサイトはこちら↓
アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする