犬の飲み水に水道水やミネラルウォーターは危険。ピュアウォーターが一番です

犬を飼っている人にとって、気になるのが飲み水の問題です。日本の水道水は安全なので、犬に水道水をあげる人が多いですね。

しかし「水道水はサビが怖いから何となくミネラルウォーターをあげてる」という家庭もあると思います。

犬は飲み水に敏感で、健康寿命にも大きく関わります。

そこで今回は、犬の飲み水について何が安全なのかまとめました。

よく調べずにミネラルウォーターを与えていると、尿結石(膀胱結石)や尿結症などの原因になるので必ずチェックしておきましょう。

アフィリエイト

犬にミネラルウォーターはダメ!その理由はミネラル過剰

まず最初に伝えたいのが、犬にミネラルウォーターはダメ! という事です。

ミネラルウォーターを飲ませると即座に犬のからだに悪影響が出る訳ではありませんが、長期的に摂取することで尿結石(膀胱結石)や尿結症を引き起こしてしまいます。

ミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムが多く含まれているため、犬に与え続けるとミネラルの過剰摂取になってしまいます。

ミネラルそのものは必須栄養素ですが、取り過ぎが犬の健康に良くないのです。

ドッグフードをはじめ、犬の食事にはミネラル成分が十分に含まれているので、それに加えて飲み水でミネラルを摂取すると、過剰摂取になります。

人に比べると、犬はミネラルの過剰摂取になるハードルが非常に低く、食事+飲水の両方でミネラル成分を摂取すると身体に良くありません。

人間に例えるなら、食事の後に毎回ケーキを食べているようなものです。

朝昼晩、毎日ケーキを食べていたら身体がおかしくなってしまいますよね。

人間が摂取する分には問題ありませんが、犬にとってミネラルウォーターは水道水よりも更に悪い水なのです。

ミネラル量が少ない軟水のミネラルウォーターであれば影響は小さいですが、基本的にミネラルウォーターは犬に与えないほうが良いでしょう

基本は水道水でOK。ただしサビや水道管の汚れには要注意

日本の水道水は塩素を使って衛生状態を良くしています。

塩素と聞くと、犬のからだによく無さそう…と感じますが、そんな事はありません。

水道局では、水道水で金魚をかって定期的に試験しており、生き物に影響がないよう適切にコントロールしています。

世界でも有数の『水道水が安全な国』ですから、そこまで過剰に心配する必要はありません。

水の硬度も100mg/l以下なので、水道水そのものは犬にとって安全です。

しかし、水道管のサビや汚れ、カルキ臭は、水に敏感な犬にとっては良くない影響を与えます。

人間は問題なくても、からだの構造が異なる犬にとって水のサビや汚れは大敵です。特に小型犬は臓器が小さいため、ちょっとした事で病気になるリスクが高くなります。

水道水が綺麗でも、水道管がサビていたら、長期的に見て犬に良くない影響を与えます。

水道水は塩素を使っていますから、水道管は少しずつサビてしまいます。新築のマンションでも、水道管を通ってサビが微量ですが溶け込んでいる可能性はあります。

築10年以上になると、どうしてもサビは微量出てきます。

また水道水特有のカルキ臭は、嗅覚の強い犬にとってストレスになります。

人間に例えるなら金属臭い水を飲んでいるようなもので、表には出さなくとも犬にとってストレスになっている可能性も高いです。

犬の祖先、オオカミは山や川の自然な水を飲んでいました。水道水は、安全とはいえ人工的な水ですから、犬にとってストレスになってしまうのは仕方ない事なのです。

水を一度沸騰させて冷ませばカルキ臭は抜けますが、毎回この工程を行うのは非常に面倒ですね。

現在は水道水を飲ませる事と犬が体調を崩すことに因果関係は認められていませんが、犬に安全な水を飲ませたいなら『衛生的で、なおかつミネラルを含まないピュアウォーター』がおすすめです。

ピュアウォーターを扱うウォーターサーバー

ピュアウォーターとは、ミネラルウォーターとは違ってミネラル分を含まない水です。

国内の川や山の水を採取した、なるべく自然な状態の水を指します。

昨今は、ウォーターサーバーにてピュアウォーターを扱う会社が多くなってきており、犬や猫などペットを飼っている方が多く導入しています。

犬の飲水におすすめのウォーターサーバーはフレールです。



フレールは超軟水のピュアウォーターを扱っており、口当たりが優しく、犬にとっても優しい水です。

ナトリウム、カルシウム、マグネシウムは一切入っていません。

これらの成分は、飲水に含まれると過剰摂取になり、前述した通り尿結石などの原因になるので、なるべく飲水では避けてあげたい成分です。

採水地は大阪の北部、北摂と呼ばれる地域の川です。国内採水で国内パッキングなので、安心して飲めます。

▼ 北摂 水無瀬渓谷の画像

ウォーターサーバーにつけるボトルも使い捨てで、衛生的です。

ウォーターサーバーの多くはボトルを再利用しており、洗浄してるとはいえ潔癖な人にとってイヤな仕組みでした。

フレールのウォーターサーバーは、エコバッグなので使い終わったら畳んで燃えるゴミにポイでOK。ボトルタイプのように、使いまわされる心配もありません。

また、フレールのウォーターサーバーは衛生的にも優れている点があります。

従来のウォーターサーバーは、空気をボトル内に押し込み、水を出す仕組みになっています。

しかし、その際に使われる空気は部屋の空気です。

部屋の空気がボトル内に入るって、ちょっと嫌ですよね。実際、ウォーターサーバー業界では、空気を通じて雑菌混入&ボトル内での繁殖の恐れがあるという声もあり、問題視されています。

フレールのウォーターサーバーは、エコバッグに穴をあけて直接水を取り出す仕組みになっているので衛生的です。

水の自重によって注がれますから、空気がエコバッグ内に混入する事もありません。

フレールのピュアウォーターは、人にとっても犬にとっても美味しく安全な水といえるでしょう。

値段も安く、電気代も月300円

ウォーターサーバーというとコストが高いイメージがありますが、フレールはエコバッグによるコスト削減(ボトル交換の手間)により、非常に安価です。

ウォーターサーバーの設置費、レンタル代は無料。
水は500mlあたり45円。2リットルあたり180円です。

電気代は、お湯も使うなら月800円ほどですが、お湯機能をオフに出来るので、お湯を使わなければ月300円ほどです。

月12リットル(2Lペットボトル×6本の量)として、月額費は180円×6で1080円+電気代300円=1380円です。

月1380円で、犬にとって安全なピュアウォーターがあげられるので、コストとしては非常に安いです。

もちろん人が飲むにも便利ですし、災害時の非常用水としても機能します。

我が家では、今までミネラルウォーターを箱買いしていたのですが、毎回ペットボトルを捨てるのが面倒ですし、何より犬にあげる事が出来なかったので、フレールを導入しました。

犬の健康のためにもなりますし、ミネラルウォーターを買う手間もなくなったので、オススメですよ。

フレールのウォーターサーバーは、下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

便利なウォーターサーバー!軽くて安い新感覚なフレール「千里の命水」



犬は毎日水を飲みます。食事に気をつけるだけでなく、ぜひ飲み水も犬のからだに良いものを与えましょう。

関連:犬の食事は何を与えれば一番健康に良いのか?犬の体に良い食べ物まとめ

素敵な男性との出会いを探すなら、勇気を出して自分から飛び込もう!
完全無料のマッチングサイトはこちら↓
アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする