ビットコインの将来性は長期的に見ると絶望。バブル崩壊の可能性が高い理由

価格の値上がりが続くビットコインですが、実はビットコイン自体は長期で見ると『バブル崩壊』の確率が高いという事をご存知ですか?

「仮想通貨への投資なら、とりあえず王道のビットコイン!」

と考える人は多いですが、実はビットコインが最も暴落の可能性が高い通貨なのです。

今回は

1:ビットコインは短期的には値上がりする

2:中長期的には暴落リスクが非常に高い

3:長期的に値上がりが見込める仮想通貨について

という3点について分かりやすく解説します。

アフィリエイト

ビットコイン最大の弱点は『発行上限がある事』

ビットコインは、政府などが発行する円や米ドルと違い、誰かの意志で無限に発行する事は出来ません。

ビットコインの最大発行数は2100万BTCとルールが決まっており、2018年現在では1650万BTCが市場に発行されています。

ビットコインの価格が上がる理由は、金(ゴールド)などと同じく、枚数に上限があるからです。

数に限りがある商品ほど、希少性があり値段は落ちにくくなりますね。

ビットコインが急激に値を上げている原因の1つは、多くの人が

「上限枚数があるなら、希少性が上がって通貨価値も上がる」

という事に気付き、ビットコインを買い漁っているからです。

しかし、ビットコインの上限枚数ルールは、皮肉なことにシステムの崩壊に繋がるトリガーになる危険性を持っています。

ビットコインの根本システムであるブロックチェーンは、マイナーと呼ばれるマイニングをする人達の手によって支えられています。

ビットコインは、大量の電力とハイテクコンピュータを活用して演算を解き

「ビットコインが誰から誰に送信されたのか?」

というデータ台帳をマイナーと呼ばれる人々が日々記録することによって成り立っています。

▼ 中国のマイニング業者の事務所

もちろんマイナーは善意でマイニングをしている訳ではなく、マイニング作業をすると報酬として新しいビットコインが貰えます。

ビットコインは「誰が誰に送金した」という記録を刻むブロックチェーンを、不特定多数のマイナー達に代行してもらう代わりに報酬を支払う…というシステムで回っているのです。

本来、政府や銀行など通貨を管理する者がいなければ成り立たない通貨システムを、上手い具合にシステム化して回っているのです。

ところが、ビットコインには発行枚数に上限があります。

発行上限が近づくにつれて、マイナーの報酬は下がり、発行上限に到達するとマイナーの報酬はゼロになります。

マイニングは質の悪い「ねずみ構」になっている

ビットコインのルールとして、4年毎にマイニングの報酬が半減するというルールがあります。

マイニング報酬は

2012年には1ブロックにつき25BTC。
2016年には1ブロックにつき12.5BTCとなっています。

ビットコインの価格が上がり続ければ、貰えるビットコインの枚数が少なくてもマイナーの報酬は高くなるので、マイニング報酬で得られるお金が減る…という事にはなりません。

例えば、2012年に1BTC=10万円ですと、1ブロックにつき250万円。

2016年に1BTC=20万円になっていれば、貰えるBTCは半減しても価値が2倍になっているので、報酬は変わらず1ブロック250万円です。

しかし、ビットコインの価格が上がらない or 落ち始めてしまうと、あっという間にマイニング報酬の旨味が無くなり、採算が合わなくなればマイニング業者は撤退してしまいます。

マイニングにはハイテクコンピュータと大量の電力が必要なので、報酬が貰えなければ誰もやりません。

現在、マイニング業者はほとんどが中国に集中しており、彼らは稼ぐためにマイニングをしています。

つまり、ビットコインは発行上限があるが故に希少性から値段は上がる一方、上限に近づけば近づくほどシステムが遅くなる…という難点を持っているのです。

これって、ねずみ構と同じシステムですよ。

事実上、最後にババを引くのは誰か? というチキンレースをしているに等しいのです。

ビットコインが発行上限に到達するのは2140年と言われています。

しかしながら、現在のマイニング競争が続けば、10年後の2028年にはビットコインの上限の98%まで発行されるという試算が出ています。

今は希少性があるという「期待」で値上がりを続けていますが、間違いなく10年以内にマイナー達の離脱による「バブル崩壊」が待ち構えているのです。

事実、ビットコインがビットコインキャッシュに分裂した後、一時的にマイナーがビットコインキャッシュ側にこぞって移動した事で送金詰まりが起こりました。

せっかくデータ上で送金できる仮想通貨なのに、マイナーがいない事で送金データが承認されない…といった事態がしばしば起きる時期があったのです。

もともと中央集権化からの脱却を目的としたビットコインでしたが、現在は完全に中国のマイナーによって支配された不安定な通貨…という状況になっています。

中国政府の規制が起きれば、送金詰まりは絶望的になる

また、マイナーが中国に集中すると、怖いのが中国政府の規制です。

中国政府は、資本の海外流出を厳しく規制しており、一時期、ビットコイン取引所の規制を行って大混乱を起こしました。

マイニングまで規制の手が伸びれば、当然、ビットコインはシステムが遅延して値を下げる事になります。

ビットコインは、根本にあるブロックチェーン技術こそ万全であるものの、人々の欲望が交差することによって、かなり不安定なシステムになっているのが現状です。

それでも短期的には値上がりが期待できる理由

しかし、ビットコインの値段は短期的には上がるでしょう。

というのも、現在、ビットコインは基軸通貨として利用されており、他の仮想通貨に両替する際はビットコインかイーサリアムが利用されるのが一般的になっています。

また、投機的な資金は基軸通貨であるビットコインに集中しやすく「値段が上がるから更に値段が上がる」というスパイラルを生み出しています。

株のように適正価格が存在しないため、どこまで上がるかは予想不可能ですが、仮想通貨がETFや投資信託に組み込まれれば価値は恐ろしく値上がりするでしょう。

マイニング業者も、ビットコイン価格が落ちれば死活問題ですから、必死に値段を維持しようと画策します。

もっとも、10年以内に悲劇的な結末を迎える可能性は高いです。

短期的には問題ありませんが、その後はマイニング業者の撤退という終焉がいつ訪れてもおかしくありません。

中期~長期保有目的なら、ビットコインではなくアルトコインを保有することをオススメします。

長期的に値上がりが見込める仮想通貨について

ビットコインと違い、長期的に値上がりする通貨に関しては、リップルが一番安定しています。

リップルはビットコインと違い、発行上限があるものの、マイニングをシステムに組み込んでおらずリップル社が運営と管理を行っています。

リップル社は、米国の仮想通貨に関する法律で採用されているライセンス『Bit License(ビットライセンス)』を保有する会社です。

ビットライセンスは、仮想通貨事業を行うための免許であり、審査が非常に厳しく、しかし保有できれば政府のお墨付きで仮想通貨事業が出来るライセンスです。

現在、ビットライセンスを保有する会社は3社しか無く、リップル社、決済システムの会社サークル社、米国最大の仮想通貨取引所コインベースです。

リップルは『国や銀行に支配されない通貨』とは全く異なり『銀行間の国際送金をより安くするために作られた仮想通貨』という立ち位置です。

グーグル社や日本ではSBI銀行をはじめとした金融機関が導入を検討しており、ビットコインのような不安定さが無いのが大きな特徴です。

もし投資として長期保有を考えているなら、リップルが最も有力と言えるでしょう。

リップルは2017年末に値段が跳ね上がり、1リップル=80円から1リップル=400円と5倍になりました。

その後は落ち着きましたが、今後も投機資金による上下はあるものの、実用性から見て確実に価値が値上がりする仮想通貨と言えるでしょう。

もし中期~長期目線で仮想通貨に投資するなら、ぜひリップルなど実用性があって、なおかつトラブルリスクの少ない通貨を選びましょう。

ビットコインは、しっかり裏側を勉強してみると、色々と綱渡りである事がわかりますよ。

基軸通貨として扱われているので、仮想通貨市場の拡大と共に短期的には値上がりするでしょうから、短期的な利益を求めるならビットコインへの投資もありかもしれませんね。

リップルは、国内最大手の仮想通貨取引所「コインチェック」で購入出来ます。

コインチェックは本人確認が最も早く、1営業日で投資が始められるのでオススメですよ。

・コインチェック アカウント開設はこちら

関連:これから10倍になる仮想通貨はどれ?値上がりの可能性が高い通貨を紹介

素敵な男性との出会いを探すなら、勇気を出して自分から飛び込もう!
完全無料のマッチングサイトはこちら↓
アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする