ダイエットに挫折してしまう理由と続けるコツまとめ

ダイエットに挫折するタイミングは1ヶ月目が一番多く、次に多いのが3ヶ月目と言われています。

1ヶ月目で効果があり、少し痩せたと思っても、そこから、なかなか体重が減少せず、停滞に嫌気が差してやめてしまう…というパターンです。

ダイエットを継続する事は、非常に難しいです。

運動やジム通いはもちろん、飲むだけダイエット、置き換えダイエットなどの簡単と言われるダイエットでも、続けられる人は少ないです。

実は、ダイエットに挫折してしまう理由は、それ以外にも様々な要因があるのです。

今回はダイエットに挫折してしまう理由を紹介します。

アフィリエイト

仕事や勉強、子育て、家事が忙しいから挫折する

仕事や勉強、子育てなどが忙しいと、それを理由にダイエットを辞めてしまう事が多いです。

人間は、挫折する時は必ず自分への言い訳を探します。

仕事や家事といった「やらなければいけない事」は、言い訳としては最適です。なぜなら、怠けて挫折した訳じゃないと格好がつくからです。

青汁やコンブチャなどを飲むだけのダイエットでも「飲む時間が無かった」「忙しくて忘れてた」などの言い訳をするのですから、人間の楽な方へ流れる能力は凄いですね。

対策:ダイエットノートに罰則を書いておこう

ダイエットを継続したいなら、こういった言い訳を先に封じておく必要があります。

ダイエットノートなどに

「仕事が忙しい時でもスクワット最低10回やる」
「家事を理由にサボってしまったら罰として歩いて駅まで行く。自転車禁止」

など、ルールを書いておきましょう。

自分ルールでも、目に見える所に書いておくだけで、否応なく意識しますから、言い訳がしにくくなりますよ。

本当に忙しくて、ダイエットをする暇が全くない…という場合は、どうにか時間をやりくりするか、飲むだけダイエットなどワンアクションで出来るダイエット方法を取り入れましょう。

一番効果があるのは、やはり運動ですが、運動する暇が無い場合は、ダイエット食品などを活用して出来るところからやっていく事が大切です。

監視の目が無いから挫折する

ダイエットは、サボっても誰にも怒られません。
そのため、挫折するハードルが低いです。

厳しい部活などであれば、サボったら先輩や顧問の先生に怒られますよね。

そのため、辛い練習でもサボらず続けられるのです。

しかし、ダイエットは自分が監督ですから「今日は休んじゃえ」と甘やかす事も出来ます。

これでは、いつまでたってもダイエットなんて出来ません。

ダイエットのための運動や食事制限はキツいですが、キツさを乗り越えないと本当に体重を減らす事は出来ません。

「楽してダイエット」というキーワードは誰もが惹かれるキャッチコピーですが、全くキツくないダイエットは存在しません。

ダイエットを成功させるためには、自分を厳しく律する必要があるのです。

対策:友達や家族にダイエットしている事を告げておこう

目標を達成する方法として有名なのが「他人に目標を伝える」という手法です。

他人に目標を伝えると、自分の中で「あれだけ大見得を切ったのだから、やせないと恥ずかしい」という心理が出てくるので、自分を甘やかしにくくなります。

また、家族や友人に伝えておけば「ダイエットの調子どう?」と定期的に聞いてくれるので、それが監視の目になります。

やはり、人は恥をかいたり、だらしない人と思われるのは避けるもの。

他人に宣言した以上、少しでも結果を出さないと! という心理は、ダイエット継続に役立ちますから、ダイエット宣言は積極的に行いましょう。

恋愛をしてないから挫折する

ダイエットをするのは、究極的には「自分のため」ですが、誰かに好かれたいからやせる!というモチベーションは最も強いです。

・好きな人が出来た。
・彼氏・夫にもっと好きになってもらいたい。
・モテたい!

などなど、シンプルですが、愛情がモチベーションの源になると、挫折しにくいです。

しかし、好きな人もいないし、恋人もいない。

恋愛もイマイチ興味ない…となると、ダイエットの目的が「自分のため」だけになるので、挫折しやすくなります。

ナルシズムの強い人なら、自分の美のためにダイエットを続ける事は出来ますが、そうでない場合は難しいです。

ただ何となくやせたい、ダイエットしようかな~、なんて気持ちですと、必ず挫折します。

対策:異性と積極的に交流しよう

恋愛をするには、異性と交流があることが絶対条件です。

合コンや習い事、アルバイト、地域活動…何でも良いので、同年代の異性がいるコミュニティに所属しましょう。

恋愛をしないとダメ! という訳ではありませんが、やはり異性の目があると無いでは、モチベーションは大きく変わりますよ。

結果が出ないから挫折する

ダイエットで一番辛いのは、頑張っても全然体重が減らない事です。

ダイエットの効果の現れるタイミングは、体質やダイエット手法によってまちまちです。

場合によっては、3ヶ月頑張ったのに全然やせない。あるいは痩せたけど即リバウンドした…という事も起こりえます。

人は結果が出ないと努力できないもの。
コツコツ頑張れる人でも、やり方があってるのか不安になると、一気にダイエットへのモチベーションが減ってしまいます。

対策:諦めず色々なダイエット方法を試してみよう

ダイエット方法は、人によって合う合わないがあります。

もし、3ヶ月続けて効果がイマイチ出ない場合は、別のダイエット方法を取り入れてみましょう。

書籍やネットでダイエット情報を調べて、自分のやり方が合っているのかどうか研究することも大切です。

また、ダイエットには「停滞期」と呼ばれる、一時的に脂肪が減らなくなる時期があります。
そこを乗り越えれば、グッと体重が減るので、諦めずに継続する事も大切ですよ。

やせない原因は、必ずどこかにあります。体質で片付けず、本当に効果のあるダイエットを一つずつ試していきましょう。

最初に勢いを付けすぎて息切れして挫折する

ダイエットをやるぞ!と意気込んで、最初の1週間だけ物凄く頑張る人は、すぐ息切れして挫折してしまいます。

何事も毎日コツコツ続けることが大事です。最初だけ頑張っても、ほとんど意味はありません。

運動でも置き換えダイエットでも、続けることで体質が変わったり、脂肪が燃焼していくもの。

最初にドーンとたくさんやって、急にやめてしまう…というダイエットは、意味が全くありません。

やる気があるのは良いのですが、最初に頑張りすぎないよう「今日はここまで」というルールをしっかり守って継続しましょう。

ダイエット器具を買っただけで満足してしまい挫折する

ダイエット器具の最大の罠といえば「買っただけで満足してしまい、結局、続かない」というパターンです。

広告を見た時は、これなら私でもやせられる! と思うのですが、いざ実物が届くと1回2回使っただけで満足してしまう…よくある事ですよね(笑

このパターンを繰り返してしまうと、お金はどんどん減っていきますし、使わないダイエット器具ばかり、たまってしまいます。

対策:ダイエット器具を使わないダイエットをやろう

ダイエット器具はメルカリで全部売って、ウォーキングやジョギング、糖質制限ダイエット、飲むだけダイエットなど、器具を使わないダイエットを心がけましょう。

どんなに優れたダイエット器具でも、使わないのでは物置と一緒です。

ダイエット器具をついつい買ってしまう癖がついている人は、ダイエット器具を一度、断捨離しましょう。

また、今までダイエット器具に使ったお金をノートに記録しておけば、無駄遣いをやめる事が出来ますよ。

素敵な男性との出会いを探すなら、勇気を出して自分から飛び込もう!
完全無料のマッチングサイトはこちら↓
アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする