運動が続かない女性のための対策方法4つ。運動嫌いでも続けるコツは?

スポーツジム通いにせよ、自宅での運動にせよ、なかなか続かないのが美を追求する女子の悩みですよね。

運動って、好きな人はガンガン楽しみながら続けられるけど、運動嫌いな人やずぼらな人にとっては辛いもの。

特に、多忙な社会人にとっては「今日は仕事で疲れたから、もうジムはいいや」なんて仕事を言い訳にサボってしまうことも『あるある』ですよね…。

そこで今回は、運動嫌い・ズボラ女子など運動が続かない女性向けの対策について教えます。

アフィリエイト

対策1:過激な運動は続かないから最初からやらない

ジョギングやダンス、ボクササイズなど、激しい運動は消費カロリーも多く、ダイエットや美容には効果抜群! というのは事実ですが、その分キツいので運動嫌いの人はまず続きません。

特にジョギングは挫折率第一位と言ってもいいくらい続かないです。

理由は単純。
息切れが苦しいから。

汗ダクダクで、息が切れるような激しい有酸素運動は言うまでもなくキツいです。

キツさを乗り越えれば、ランナーズ・ハイといって気分が高揚する状態まで持っていけるのですが、そこに至るまでがキツ過ぎます。

体育会系で、自分の体を鍛えるのが大好き! 運動大好き! という人ならともかく、今まであまり運動をしてこなかった人や、運動嫌いの人にとってジョギングは地獄です。

おまけに、慣れていないと足を痛めてしまいます。

ダンスやボクササイズといったプログラム形式の運動も同じで、やはり消費カロリーの大きい運動は、それだけキツさも大きいのです。

そこで、発想を逆転させてみましょう。

自分が続けられなさそうな過激な運動は、あえて最初から選ばないようにするのです。

一度、挫折すると「もうどうでもいいや」と投げやりになって、簡単な運動さえもやらなくなってしまうものです。

それだったら、ゆるくても続けられる運動をコツコツ習慣にしたほうが、よっぽど美容にも健康にも良いです。

過激な運動はやらない!

無理して自分を追い込むよりも、自分がやれることを着実にやった方が継続しやすいですよ。

対策2:ウォーキングと階段上りから始めてみる

一番楽な運動といえば、ウォーキングです。

歩くだけですから、息切れもなければ足を痛める事もありません。

道具もジムもいらないので、1円もお金をかけずに始めることが出来ます。

ウォーキングは効果がない…という人もいますが、そんな事はありません。
確かに消費カロリーは少ないですが、血行を良くする効果はジョギングよりも大きく、健康面への効果はバツグンです。

血液は栄養を運ぶ運搬役ですから、血行が良くなれば当然、美容に必要なビタミン類も効率よく身体に行き渡らせる事が出来ます。

せっかく美肌に効果があるビタミン類やコラーゲンを摂取しても、肌まで届かなければ意味がありませんからね。

血液ドロドロですと、内臓脂肪も付きやすくなり、太りやすく痩せにくい醜い身体になってしまいます。

ウォーキングは内臓脂肪のつきにくい身体を作る効果が期待出来ますから、消費カロリーが少ないとバカに出来ない美容効果を秘めているのです。

また、自律神経を整える効果もあり、精神の安定や安眠の助けになります。

もちろん、自律神経は腸の働きとも関係しているので、腸の調子を良くする効果もあり、内側から綺麗になれます。ストレス抑制効果も伴い、健康的に痩せることが出来るのがGooDですね。

「でも、ウォーキングだけじゃ痩せられないでしょ?」

という人、まぁ~その通りです。

基礎代謝を上げるには、やはり筋肉量を増やす必要がありますからね。

そこで、駅やデパートで階段を積極的に使う『階段上り』を習慣に加えましょう。

階段を上る運動は、人間の筋肉の中で最も大きい太ももの筋肉を鍛える効果があります。

筋肉は脂肪よりも基礎代謝が大きいので、身体の筋肉量を増加させることが『太りにくい身体』を作るコツです。

一番大きい筋肉である太ももを鍛える事が、一番効率よく基礎代謝をあげる方法なので、階段上りはコスパ最強の運動と言えます。

ついつい通勤中にエスカレータやエレベーターを使ってしまう方でも、ぜひ一回くらいは階段を上って太ももの筋肉を強くしましょう。

一回でいいんです!
その一回の積み重ねが、少しずつ筋肉になって脂肪をやっつけてくれるのですよ。

ジョギングに比べれば、ウォーキングと階段上りなんて楽勝ですよ。

対策3:スポーツジムで30分だけ運動して帰る『ちょこっとジム通い』を実践する

スポーツジムに通うと、ついつい「会費がもったいないから…!」と1回につき1時間くらい運動してしまうもの。

しかし、運動嫌いにとって1回1時間の運動は苦痛以外の何物でもありません。
おまけに仕事をしているなら、貴重なプライベートタイムを1時間も費やすなんて、とんでもないことです。

最初はやる気まんまんでも、少しずつスポーツジムからフェードアウトしてしまうのは、この「もったいない」精神にあります。

そこで、私がおすすめするのは、1日30分だけ運動して帰る『ちょこっとジム通い』です。

ちょこっとジム通いは、その名の通り30分だけ運動したら帰るのです。

内訳は

・ストレッチ5分
・トレッドミルで早歩き15分
・レッグプレス10分

これだけです。

レッグプレス:参考画像

ストレッチして早歩きして、ちょびっと太もも鍛えてるだけやないかい!

と突っ込みたい気持ちは分かります。

でもね、これめちゃくちゃ長続きしますよ。

私はこのメニューを週2回~3回こなして、あとはジムのお風呂入って帰ってます。

なぜ、この手法が長続きするのかというと、キツくないから。

トレッドミルは早歩き程度なので、息切れも汗も無し。

レッグプレスも、そこまでキツくないです。マシンを使うから怪我する心配もないし、足だけ鍛えればいいのでハードルがめちゃくちゃ低い。

なおかつ30分だから平日の仕事帰りでもサッとやれる。

「月額8000円も払ってるのに1日30分。それも週2回なんて!」

なんて思っちゃダメです。

運動嫌いの人間にとって、1回1時間なんてハードル高すぎです。
全身筋トレなんて、まず無理です。
汗をかいたら、それだけで帰りたくなります。

それを受け入れて、なおかつ運動を継続するなら、この1日30分のちょこっとジム通いが最強です。

ジムに通っても、やるべきメニューが多いと「あ~、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と自分を追い詰めてしまいます。

そしてジムに通う足が重くなる…

だったら、最初からハードルを限界まで下げておけばいいのです。

「はい30分やった!今日のノルマ達成~」

と自分を褒めてあげればいいのです。

1日30分でも、じっくり続けていれば効果は着実に出てきます。

レッグプレスで太ももを鍛えておけば、基礎代謝が少しずつ上がって、何もしなくてもカロリーを消費する『太りにくい身体』が作れます。

筋トレメニューを、あえて1種類に絞ることで、やることがシンプルになりますから、プレッシャーも減って続けやすいですよ。

私はこれで挫折続きだったジム通いも続くようになりました。おすすめです。

対策4:運動せずにやせる

ある意味、究極の方法がこれです。

運動せずにやせる。

まさに夢物語のような話ですが、現実は甘くありません。

運動せずにやせるなら、食生活をしっかり整える必要があります。

間食をしない。食べすぎない。野菜をしっかり食べる。

などなど…食生活の改善が美容・ダイエットの基礎であることは、当ブログで死ぬほど書いていますが、いざ実戦するとなると難しいものです。

まずは簡単なところから始めましょう。

腸内環境を整えれば内側から綺麗になりますから、まずは腸内環境をしっかり改善するところから始めましょう。腸内環境の総合的な知識は下記の記事を参考にしてください。

・腸内環境を整えると肌が綺麗になる理由。腸の働きと美容の関係

生活サイクルを整える。
朝にヨーグルトを食べる。
野菜・果物を積極的に取る。

こういったこまめな腸内ケアをしていけば、食べずにやせる…という究極の目標を達成することが出来ます。

「もう何もかも面倒くさい!すぐ出来る対策はないの?」

という方は、グリーンスムージーを毎日の習慣に加えるのが一番簡単です。

グリーンスムージーについては、下記の記事をしっかり読んでみてください。

・美容効果が凄い!おすすめグリーンスムージーとその効果3つ

おわりに

残念ながら、運動は美容・健康どちらにとっても必要不可欠な要素です。

しかし、激しい運動やキツい筋トレは必ずしも必要ではないので、まずはウォーキング等の簡単な運動から気軽に始めてみましょう。

土日に近所を散歩する。
歩いて買い物に出かけてみる…といった風に、日常の中に「歩く」という行動をプラスしてあげれば、しっかり効果が出てきますよ。

素敵な男性との出会いを探すなら、勇気を出して自分から飛び込もう!
完全無料のマッチングサイトはこちら↓
アフィリエイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする